本文へスキップ

印西市小林北の接骨院・鍼灸・マッサージ治療院です。




電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0476-55-4850

〒270-1313
千葉県印西市小林北3−10−2


交通事故・労災

交通事故治療  労災治療

交通事故治療

■ 交通事故に遭った場合のケガ(むち打ちなど)は、自賠責保険が適用されますので、自己負担額は
  0円で治療を受けることができます。(被害に遭われた場合、相手側の自賠責保険適用となります)
■ 交通事故による治療は、よつば接骨院 針灸院にお問い合わせください。
 当院は完全予約制となっております。また、初めてご来院の際は問診・検査等がございますので、
  1時間半程度のお時間を頂戴いたします。


 交通事故に遭ってしまったら…

1 まずは落ち着いて安全を確保しましょう
    交通事故に遭ってしまったら、加害者・被害者を問わず、協力してケガ人の救護と道路上の安
    全確保をしなければなりません。
    重症の場合は動かさず、周りの人に手伝ってもらい安全を確保したうえで、救急車の到着を待
    ちます。

2 警察に届け出ましょう
    「たいした事故ではない」と自己判断せずに、必ず警察に電話しましょう。
    警察による実況見分、交通事故証明をしてもらうことは、いつ・どこで事故があったと証明し
    てもらうためですので、保険を使う・使わないに関わらず、後々トラブルにならないために必
    要なものです。

3 加害者と加害車両の確認をしましょう
    免許証などを見せてもらい、加害者の氏名・住所・電話番号・自動車のナンバーをしっかりと
    確認しておきましょう。
    交通事故は、時間がたつと話の内容が変わることがよくありますので、事故の状況などをメモ
    しておくと良いでしょう。

4 保険会社へ連絡しましょう
    相手方の保険会社の担当者に、病院もしくは接骨院(整骨院)で通院したい旨を伝え、その病
    院もしくは接骨院(整骨院)の名称と電話番号を伝えてください。
    当院で治療をご希望の方は「よつば接骨院 針灸院で治療したい(0476-55-4850)」とお伝え
    ください。
    (当院へ初めてご来院の際は問診等がございますので、是非事前にご予約をお取りください)
    保険会社が当院での治療を了承し、保険会社より当院に連絡がきてから治療開始となります。
    また、接骨院(保険診療)でなく、針・灸・マッサージによる治療をご希望の場合は、保険会
    社に申し出て、了承を得れば治療を受けていただけます。(ただし、治療費はその都度窓口に
    てご負担いただき、後日ご自身で保険会社に請求していただきます。)

5 必ず病院もしくは接骨院(整骨院)を受診しましょう
    身体に痛みがあるならば当然ですが、痛みがほとんど無くても、事故による興奮や動揺で一時
    的に痛みを感じていないだけで、後になって痛くなるケースが多々あります。必ず病院や当院
    で治療を受け、少しでも痛みのある箇所は全部申し出てください。
    後から痛くなったと申し出ても、交通事故との関係を証明出来ず、保険会社が治療を認めない
    場合もありますので、後悔しないためにも注意が必要です。

    *病院と接骨院(整骨院)
     病院・・・・整形外科を含め多くの診療科があり、精密検査や画像診断も受けられます。
           時間が経過すると正確な画像診断ができないので、事故直後は病院を受診し、
           精密検査と画像診断をお受けになるのも安心でしょう。
     
     接骨院・・・柔道整復師というケガの治療に対する国家資格をもったスペシャリストが、
    (整骨院)  所見をとり治療を行います。
           病院での検査の結果、骨折等の大きな外傷が無く、画像診断では判断できない
           症例(むちうち症など)は、接骨院(整骨院)の得意分野です。


6 しっかり治るまで通院しましょう
    治療はなるべく毎日、難しくても週3回を目安に通ってください。通院頻度が少ないと慰安目
    的の施術と判断され、保険会社から支払いをしていただけなくなる可能性があります。
    また、痛みが無くなったからといって傷病が治りきらないで治療に通わなくなってしまい、
    しばらく経って痛みがひどくなる『後遺症』に悩まされる方が多いので注意してください。


    *当院が所属しております全国柔整鍼灸協同組合は、交通事故サポート弁護士ネットワークと
     提携しており、当院にご通院の交通事故患者さん(被害者)と相手方(損保会社)との間で
     生じた問題の解決を図るための専門の弁護士を紹介する制度をおこなっております。
     弁護士との初回相談は無料ですので、詳しくは当院までおたずねください。

   

労災治療

■ 労働者保護の目的で、勤務中や通勤途上において負傷した際に適用されます。
■ 労働中のケガについては健康保険が適用外となり、労災が適用となります。
■ 事業主(会社)が労災適用の可・不可を決定する権限はございませんので、事業主(会社)から労
  災の適用を断られたり、健康保険を使うよう指示を受けてお困りの方は、労働基準監督署まで一度
  ご相談下さい。(労災隠しの可能性も考えられる為。)
 当院は完全予約制となっております。また、初めてご来院の際は問診・検査等がございますので、
  1時間半程度のお時間を頂戴いたします。


 勤務中や通勤途上にケガをしてしまったら…

1 事業主(会社)に報告しましょう
    勤務中もしくは通勤途上で負傷した旨を事業主(会社)に報告してください。

2 労災認定医療機関を探しましょう
    労災認定されていない医療機関では労災は使えず、治療費はいったん全額負担になります。
    治療を受けたい医療機関が、労災認定医療機関かどうかを電話やホームページなどで確認して
    ください。
    なお、当院は労災認定医療機関ですので、安心してお受けいただけます。

3 事業主(会社)から『療養補償給付たる療養の費用請求書』
  を受けとりましょう

    事業主(会社)の労災担当の方に問い合わせ、『療養補償給付たる療養の費用請求書』(以下
    『所定用紙』)を受け取ってください。
    『所定用紙』は病院用と柔道整復師用(接骨院用)とで様式が異なりますので、施術を受けた
    い医療機関に合わせた用紙を選択してください。
    また、業務上の労災と通勤中の労災とでも用紙が異なってまいります。
    当院での施術をご希望の場合、業務上の労災の際には、柔道整復師用の労災用紙【 様式第7号
    (3)】を、通勤中の労災の際には柔道整復師用の労災用紙【 様式第16号の5(3)】をご用意
    ください。

4 『療養補償給付たる療養の費用請求書』を施術を受けたい医
  療機関に提出しましょう

    『療養補償給付たる療養の費用請求書』(=所定用紙)のご本人様と事業主(会社)の
    それぞれの欄に必要事項を記入し、労災認定医療機関を受診する際にお持ちください。

5 労災が適用されるので、窓口料金の負担はありません
    治療費につきましては、労災保険適用となりますので、窓口でのご負担はございません。(材
    料費等は除く)
    *事業主(会社)から診断書の提出を求められた時は、「病院での診断書」か「接骨院での施
     術証明書」のどちらなのかをご確認ください。